読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぴぷぺ_ぽきぷし通信 KW

過去関心 Poughkeepsie のKW(バスケ式+)

「国吉 康雄」展 "Between Two Worlds"

国吉 康雄(1869~1953)没後50年を迎えて。

NHK新日曜美術館」で初めて知りました。
日露戦争終結の翌年1906年、17歳で郷里・岡山市出石町から単身渡米。

・働きながらThe Art Students Leagueに学び、後そこで教鞭も執る米国を代表する画家となる。

・1929年 MoMA「19人の現代米国作家」に選出さる。

・途中病床の父を見舞いに帰国した4ヶ月を除き、米国での画家生活30数年を経て、日本国籍のままN.Y.に没す。死の床で米国籍申請許諾へのサインをする力はもうなかったという。

第二次世界大戦、前・中・後と、世情を反映し大きく変貌していく作風が興味深い。一番魅せられたのが、1948以降 "Exit" ~遺作 "Mr.ACE" 
http://www.google.co.jp/imgres?...

授業での彼のスピーチ
"For me, reality is a starting point at the same time a point of departure.

Feeling, imagination and intuition mingled with reality create more than actuality,
evoke an inner meaning indicative of one's experience, time, circumstance and environment.

This is reality."

・Yasuo Kuniyoshi (1893 Japan--1953 USA)
American Realism: The Sara Roby Foundation Collection from the National Museum of American Art”

・東京近代美術館 ~5/16(5/6・10休館)
富山県立近代美術館 04.5.29~7.19
愛知県美術館 04.8.6~9.26

 国吉 康雄展HP>http://www.momat.go.jp/Honkan/...
--
04.8.29 NHK教育 20:00~ 再放映
 彼の授業での力強い肉声がまた聴けます。

07.7.7 22pm TV東京「美の巨人」にて特集!
誰かが私のポスターを破った
年(代)
1893 Japan--1953 USA
人名
American Realism